メンズ除毛クリームを腹部の毛の処理に使用をする使い方は、気になっているムダ毛の部分にクリームを塗るだけです。

難しい知識や手間はかからないので、初めて活用をする方も利用がしやすいです。
ムダ毛の部分に塗ってからしばらく時間をおいてからふき取るとムダ毛をきれいに処理ができるから、手入れをどのようにすればいいだろうかと困っていた方も安心して役立てることができます。

除毛クリームなら好きなところだけしようができるので、ムダ毛を残しておきたい部分と処理をしたい部分とそれぞれの希望に合わせて活用をすることが可能です。

自宅に居ながらにして処理ができるので、自分で簡単にケアができる方法を探しているなら活用が役立ちます。

剃刀を使用するよりも安全で、肌への負担が少ないので肌を傷つけずに腹部のムダ毛の処理をしたい方も安心です。短時間で処理が完了するので、忙しい方も利用がしやすくきれいな肌を手に入れることができます。

男の腹毛のイメージ

モジャモジャした腹毛や胸毛のイメージは悪いです。
特に、腹毛に対する女性の印象は悪い。
まあ、一部毛に対して「男らしい!」という女性もいますが、大多数は毛に対して悪いイメージをもっています。

特に、腹毛の印象は

  • 気持ち悪い
  • 不潔感がある
  • 生理的にムリ

といういうものがほとんどです。

顔は整形しないと変えれないし、身長を伸ばすことも無理です。
でも、衛生面、清潔感といった誰でもできる最低限の手入れ箇所なので、女性は厳しく見ます。

半世紀くらい前は胸毛や腹毛もかっこいい時期があったので、さすがに永久脱毛までしてしまうのはリスクがあるかもしれません。

単純に生やしっぱなしの毛は、だらしない印象を女性に与えてしまいます。
腹や胸は毛がないほうが清潔ですし、もじゃもじゃの胸毛は現在の女性の多くが生理的に受けつけないです。

女性目線から胸毛、腹毛は厳しいです。

反対に、女性は「脱毛」の習慣があるので、毛は処理していたほうが、間違いなく好印象です。

除毛クリームで腹毛、胸毛を処理する

自分でできる方法でおすすめなのが「除毛クリームで処理する」ことです。
おすすめポイント

  • 処理が簡単で早い
  • キレイに処理ができる
  • 安い

処理が簡単で早い

毛の処理がお手軽で簡単なのが除毛クリームの特徴です。
除毛クリームに含まれる有効成分「チオグリコール酸カルシウム」が毛のタンパク質を分解し、毛がゴッソリ落とせます。

  1. クリームを塗る
  2. 毛が溶けるのを待つ
  3. 拭き取る
  4. 洗い流す
  5. アフターケアをする

というのが、基本的な流れです。

ただし、除毛クリームは副作用として、肌へのダメージもあります。
ほとんどの人は、ダメージを感じることはないと思いますが、ヒリヒリしたり、肌荒れを起こす可能性があります。

使用前には、「パッチテスト」を行い、処理後には「アフターローション」などでケアすることがとても大切です。

パッチテストの手順

使用したい部位に、10円玉ぐらいの大きさを除毛クリームを塗る。

目安の時間置いておく

除毛クリームを拭き取る

1日様子を確認

という流れです。
肌への影響がなければ、使うことが可能です。

万が一肌に異常がみられた場合は、使用しないでください。

商品によっては、万が一初回に異常が出た場合は返金対応してくれるサービスもあります。

キレイに処理ができる

除毛クリームの特徴は、カミソリで絡むムダ毛に悪戦苦闘することもなく毛抜きで1本1本抜く手間は必要ありません。
肌の凹凸も関係なく、塗った箇所全面がキレイに処理できます。

特に、胸毛や腹毛を剃って処理する場合、乳輪周辺は気を使います。
乳輪周辺は腺が多くブツブツがあるため、肌を傷つけてしまいやすいからです。

除毛クリームなら、肌を傷つけてしまう心配はありません。

カミソリと除毛クリームの比較

腹や胸は、皮膚の凹凸があり、カミソリの処理だと赤くなってしまうことが多いです。
除毛クリームだとその心配がありません。

プールや温泉で裸になったとき、黒いもじゃもじゃがないキレイな肌は印象をよくします。

安い

そして除毛クリームの最大のメリットは財布に優しい低価格であることです。

1本3000円程度で、顔以外の毛は処理できます。
かなりの頻度ですけど、月に2本使っても6000円。

その点、脱毛サロンやクリニックは万単位の出費です。
確かに永久脱毛が望めて、将来的には毛の処理の必要がなくなる可能性があります。

でも・・・20年後は毛が生えている男性がかっこいい時代が戻ってくるかもしれません。

除毛クリームの手軽さ、安さはダントツなので、除毛、脱毛初心者にはおすすめです。