手軽に毛のケアができる除毛クリームは、最近男性の人気も高いです。

女性は当たり前のように毛の処理をおこなうので、毛をそのままにしている男性にあまり好意を抱かない傾向が強くなってきています。
男性の濃すぎる毛は 「清潔感がない」「肌に触れた時の感覚が気になる」など女性の印象は悪く、男性の中には毛の処理をする人が増えてきました。

簡単にクリームで毛の処理ができる 「除毛クリーム」が男性からのニーズが多い商品です。

ここでは「除毛クリーム」の使い方と、使用できる部位について紹介します。
とても簡単なので驚きます。

除毛クリームの使用手順

製品によっては付属品は違い、基本的にスポンジやヘラがついていることが多いです。
クリームを取り除くために使います。

除毛クリームの使い方は以下の通りです。

  1. 毛が隠れるくらいクリームを塗る
  2. 製品の使用方法に記載されている時間待機
  3. 時間が経ったら一部分を取り、除毛できているか確認する
  4. 除毛されていたら残りのクリームを取り除く
  5. 全体をぬるま湯できれいに洗い流す
  6. アフターケアをする

製品によって細かな使用方法は違う場合もあるのですが基本の流れです。
購入後には必ず使用方法が書かれているので、しっかり読んでその通りに従ってください。

特に時間、使用できる部位は異なるケースがあります。

また、除毛を確実にしようとクリームを長い時間つけたまま放置することはダメです。
製品に書かれている時間は守ることが大切です。

クリームを取り除いたら、ぬるま湯でクリームをしっかり洗い流します。
クリームが残っていることで肌を刺激し、アレを起こしてしまうことがあります。

最後はアフターローションなどでケアをして終わります。

除毛後直後に注意すべき点

除毛クリームの使用は短時間で、とても簡単なんですけど、肌にはダメージがのこります。
そのため、除毛クリームを使用した後は、石けんで肌を洗ったり、タオルで強く擦ることは避けましょう。

また、除毛後24時間は、推奨されているアフターローション以外の塗布はさけてください。

特に

  • 化粧水
  • 日焼け止め
  • 制汗剤
  • 香水

は除毛後のダメージが残る肌に、さらにダメージを与えるため控えましょう。

また、日光も肌にダメージを与えます。

除毛の翌日に海水浴やプールで日焼けすることは危険です。
ダメージを受けた肌は、紫外線から守る力が弱く肌トラブルを起こすことがあります。

海水浴などの予定がある場合は、数日前に除毛を済ませておくとよいです。

除毛クリームが使える箇所

製品によって若干異なりますが、基本的に顔以外は使えるものが多いです。
また除毛力が高いものはVIO(ケツ毛、陰毛)への使用もNGになっていることがあります。

脚やすねの毛

すべての除毛クリームが使用できます。

短パン、すその短いパンツをはき、足やすねが露出している男性も多くなっています。
服の隙間から見える肌は特に目立つので、無造作に生えていると見栄えが悪いです。

すね毛や足の毛は、除毛クリームで処理することがオススメです。

すね毛をわざわざカミソリで剃るという方は時間もかかるし、下手をすれば傷ができてしまうので、処理する方はいないと思います。

うで

すべての除毛クリームが使用できます。

腕の毛は、カミソリで処理することがとても難しい場所です。
特に利き腕ではない手でカミソリを扱うことは危険。

そのため、除毛クリームを使って毛の処理をしている方が多いです。

胸やおなか

ほとんどの除毛クリームが使用できます。
肌が弱かったり、もともと露出していないため、赤くなりやすい場所でもあるので、気になる場合は低刺激の除毛クリームを選ぶとよいです。

足にくらべ、カミソリがやりにくい場所です。
除毛クリームはとても便利な場所でもあります。

胸やおなかに使う際の難点は、垂れやすいので注意しましょう。
万が一のために、使用前にはテストをしてから使用することがオススメです。

わき


実は脇毛嫌いな女性は多いです。
脇は匂うので、より嫌悪感を感じるようです。

そのため、脇を見せる可能性がある場合は、脇毛処理したほうが圧倒的に「清潔感」がでます。
女性ウケをは必ずよくなります。

除毛クリームで脇毛をしっかり処理しておきましょう。

難点は、垂れやすい箇所です。
クリームを塗った後で、ラップを巻くなどして防ぎます。

VIO

いわゆるVライン(両足の付け根)、Iライン(陰部の両サイド)、Oライン(肛門周り)です。

深い関係になるまでは、見せることはない場所ですけど、女性の意見として無法地帯になっているとヒイてしまうこともあるようです。

ある程度は毛の処理やお手入れをしておく事をオススメします。
とくにケツ毛やタマ周りも同様です。

ただ、非常に繊細な部分で、製品によっては、使用を控えるように書かれている場合があります。

しかし、カミソリや毛抜きなどはオススメできません。
短くハサミでカットしたあとで、除毛クリームやブラジシアンワックスで処理することが望ましいです。

一応Vラインだけでなく、Iライン、OラインをNULL脱毛クリーム(リムーバークリーム)で除毛してみました。

除毛クリームはこんな人におすすめ!

除毛クリームは短時間で簡単です。
しかも、1本でほぼ全身に使用でき、時間がたてば毛も生えてきます。

もし、数年後に「胸毛がかっこいい!」時代が来ても大丈夫なのです。

実際に除毛クリームで毛を処理している男性は、なぜ除毛クリームを選ぶのでしょうか。

チクチクしない

カミソリで処理すると、カットした断面がチクチクします。
しかも、カットの数日後は針山のようにチクチクします。

そんな男性に近寄るく人はいませんよね。

一気に処理できる


除毛クリームは毛を溶かして除毛します。

複雑な表面の胸毛やお腹の毛を処理することに適しています。
おそらく除毛クリームが一番良いです。

毛抜きは時間がかかりすぎるし、カミソリは傷をつける可能性があります。
除毛クリームは安全です。

女性ウケは間違いなくよい

今の女性は「毛」に対して、良い印象は無いです。

濃い人は、それだけで不潔と思われてしまう状況。
ツルツルしておくことで、清潔感があがり女性の印象が良いです。

除毛クリームが使えない箇所

どの除毛クリームにも共通している点が、「顔」への利用は禁止されています。

顔、ひげ

除毛クリームは「顔の髭」には使用できないです。
除毛クリームのほぼ全ては、髭などの顔に使用できません。

※使えるクリームは見たことないですけど、全部のクリームを見たわけではないです

顔の肌は体の肌と違うようで、使用すると肌荒れやかぶれの原因になる可能性が高いようです。
余計な肌トラブルを避けるためにも、顔への使用は避けてください。

モテる男は毛にも敏感


男性の毛の処理は面倒かもしれません。

でも、とにかくモテる男は、マメです。
どんな小さな事でも、気を使っています。

毛がボウボウの男性がワイルドでかっこいいという時代ではありません。
どちらかというと、毛が無くツルツルの方が良いという傾向であることは間違いないです。

男同士では、あまり気にならない場所ですけど、女性目線を考えると全身の毛の処理はやるべきです。

ちなみに、脱毛と除毛の違いは、除毛は皮膚表面の毛を取り除くことで、脱毛は毛根を取り除くことになります。

自分で処理するなら、カミソリや除毛クリームが除毛で、毛抜きが脱毛です。
ツルツルの効果は脱毛のほうが長く続きます。

最近は、手軽さや負担の少なさから、圧倒的に除毛クリームが人気です。

男の毛をごっそり落とす!おすすめ除毛クリーム

NULLリムーバークリーム
NULLリムーバークリーム
万が一も安心!返金保証の除毛クリーム

男性の太い毛もごっそり落とせる除毛クリームと言えば『NULL』というほど人気のある商品なので、除毛クリーム選びで悩んだらまずオススメ。返金保証もあるので肌に不安がある人も安心して試せます。

MONOVO
MONOVO
肌にやさしいシリコンフリー

NULLと変わらない除毛力と肌にやさしい成分で人気の除毛クリーム。定期コースもあるので、今シーズンは除毛しよう!と思っている人にはおすすめです。

HMENZ
HMENZ
陰部もOK!

陰部も除毛できる数少ない除毛クリームです。その分除毛力は落ちている感はあるんですが、どうしても陰部の処理が必要な人にはHMENZがおすすめです。